歩く

ノルディック・ウォーク

岩木山観光協会では、活動方針として「健康と観光」を掲げております。
魅力ある岩木山のロケーションで、楽しくスポーツをしていただけますよう当協会は『青森県ノルディック・ウォーク連盟』を設立いたしました。

写真:ノルディック・ウォーク
写真:ノルディック・ウォーク写真:ノルディック・ウォーク写真:ノルディック・ウォーク

ノルディック・ウォークは、ヨーロッパは北欧フィンランドにおいてスタートした2本のポールを使ったウォーキングです。
1930年代からフィンランドのクロスカントリー選手の夏場トレーニングの一つとして活用され、1900年代後半からはその手軽さと全身運動の高いエクササイズとして注目されはじめ、日本だけでなく世界中で急速に人気が高まっています。

こんな人におすすめします

  • スポーツは苦手だけど運動不足を解消したい人
  • これからウォーキングをはじめようと思っている人
  • メタボリック症候群、高脂血圧症、高血圧、糖尿病を指摘されている人
  • シェイプアップや姿勢矯正、美しい歩き方をしたい人
  • ご高齢で体力に自信のない人や腰痛・ひざ痛・股関節痛があり、通常の歩行が困難で悩んでいる人
  • 認知症が気になる人(認知症の症状改善に成果)
  • 骨密度の低下が気になる人(骨粗しょう症の予防に効果)
  • リハビリ・介護予防・転倒予防の一環として活用を検討している専門職の人
  • スポーツ選手の体力維持・強化トレーニングを探している人

生活習慣病の予防に

厚生労働省「健康づくりのための運動指針」に照らし合わせて考えると週間必要運動量/週23エクササイズに対して「散歩」は3メッツ、「ウォーキング/速歩」が4.3メッツですが、ノルディック・ウォークの場合、身体全体の90%の筋肉を活用する全身運動(消費カロリー 20〜30%アップ)となり、その運動量は5.2メッツに相当します。すなわち週に2回1時間づつノルディック・ウォークを楽しむだけで目標運動量の約半分が達成できるのです。
※メッツとは身体運動の強さを安静時の何倍に相当するかを表す単位で、何もしないでじっと座って安静にしている状態が1メッツです。

リハビリテーション・介護予防に

ノルディック・ウォークは両手にボールを持つので歩行時には3点指示、4足歩行となるので、両足(特に腰、膝、足首や関節等)にかかる負担は逆に大きく軽減でき、体感的には楽に感じるのがノルディック・ウォークの最大の特徴です。高齢者や衰えた筋肉を向上させる為のリハビリでの活用、病床から離床される際の安全確保や転倒予防に、あらゆる場面での活用が考えられます。

ダイエット&姿勢矯正ボディリメイクに

上半身の筋肉を活動させるとともに適正な長さのボールを持つことにより背筋が伸び、歩幅が広がるので理想的なウォーキングフォームを身につけることが容易になる。必然的に体幹部のネジレが生じウエストの引き締め効果や首や肩の筋肉への血行が盛んになり肩こり解消に効果的である。

スポーツやリクレーションとして楽しみましょう

現在、欧州では最も愛好者の増えているスポーツと言われ、至る所でコースが設置されています。青森県では春に、弘前市嶽温泉にて世界一の桜並木ノルディック・ウォーク体験会、大鰐町にてノルディックウォーキングIN OWANI 阿闍羅山一周ウォークなどを開催、秋にはゆっくり歩こう岩木山一周ノルディック・ウォーク体験会などを開催しております。冬季にはスノーウォークも開催しており、男女共に全国1位の短命県を返上すべく生涯スポーツとして、年齢・性別を問わず、個人・団体でのノルディック・ウォークが楽しめます。

保育としての活用に

体力が低下し「キレる」子供達が増える中、運動の重要性と正しい食生活への見直しが急務ですが、子供達にポールを持たせて歩くことは、とても新鮮で特別な楽しみを感じさせてくれるはずです。運動が苦手な子供達でも誰でもが簡単に取り組め新しい体育種目としての取り組め新しい体育種目としての取り組みにも期待がかかるところです。

ノルディック・ウォークの基本

ディフェンシブタイプ

運動不足を解消し、健康と体力を保持増進する歩き方。
背筋を伸ばしてまっすぐ正面を見ながら、自然なリズムで足を前へと出す。ポールは踵付近につくようにするとスムーズ。腕を前に出すと歩幅が自然と広がり、運動効率がアップする。

アグレッシブタイプ

スポーツ選手などが全身の持久力を高め、競技力を向上させるために行う歩き方。
やや前傾姿勢を取りながら、ポールを両足の中間ぐらいの場所につく、グリップを握る手に力を入れて、身体全体を前方に押し出す。

「公認指導員」の資格習得

写真:ノルディック・ウォーク

一般社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟「公認指導員」の資格習得を考えている方は、青森県ノルディック・ウォーク連盟までお問い合わせ下さい。
満18歳以上で心身健康な方であればどなたでも青森県内で受講できます。

このページの最上部へ