岩木山観光協会Iwakisan Tourist Association

2023パトロール情報1

2023.1.16 - [岩木山パトロール情報]

1月16日岩木山情報(長平コース)
1月14日に降った雨の影響によってクラスト(凍結)層が形成され、その上に前日(15日)からの新たな積雪が20cmほど載っています。この新雪層は結合力が弱く、急な斜面では点発生の表層雪崩(スラフ)が発生します。スケールの大きな地形、漏斗状の地形、深い谷などでは、流れてくる雪が一気に集まるため、危険になり得るコンディションです。尾根上のルート、斜度を落としたルートを選択して行動しましょう。
日射の影響を受けた斜面では、積雪に大きな割れ目ができているところ(グライドクラック)があります。日射の影響を受けた斜面を下降のルートに選択する場合はじゅうぶん注意しましょう。沢もじゅうぶんに埋まっていませんから、沢をルートにとる場合は注意しましょう。
ブナ林では前日までのものと思われる熊の足跡を多数確認しました。(日までの暖かさにより熊の行動が活発になったのかもしれません。)